メンマリィブログ -DOA5LR考察-

PS4版デッドオアアライブ5ラストラウンドの自身のモチベを保つ為のまったり対戦日記&考察blogです

タタッタ!? タッグル!?

タタタやタンタでもボチボチと仕込み行動の手応えを感じてはいるんですが‥まだ安定しない。慣れてきたらタタッタやタッグルを意識するとより成功率が上がる かもしれません

 

というのも

・タイミングが早過ぎると仕込みホールドが出にくい もしくは最速ホールドになる

・手元が忙しい 汗

・相手のカウンターヒットより先に仕込みEXホールドのレバーが入ると通常ホールドになってしまう

そもそもあまり猶予のない連携にEXホールドは向かない

 

という理由から

タタ ッタ 6PH  4H (気持ち親指ダブルタップが楽になる

タッ グル 4H7 89H (レバーニュートラルに戻さずそのままぐるっと9HにもっていってもEXホールドが出せるので楽になる

6PやT投げや上中ホールドの硬直から仕込みホールドがもれないよう 3タイミング(タタタ)で慣れたら4タイミング(タタッタ)で細分を意識し自分のやり易いところで自然にできるよう手に覚えこませる。初手のホールドタイミングを気持ち引き付けて出すと仕込みホールドが機能しやすいなど

 

改めて今日までを読み返してみると‥ f:id:menma5lr:20170618155613j:image

今期チラ裏書きをまたやろうと思い立った本題とは違うものばかりで‥色々と考えているうちにどうしても先に書置きしたいことが先行してしまいました

今後は思考を変えて本題に、マリーローズ各技ごとのヒット状況に応じて行動を決めておき反復練習。適切な予備防御方法を選択しながらキャラ対ごとの1手目2手目のホールド優先度を覚えるなど モチベの続く限り考えてみようと思ってます。


DOA5は無印から シリーズを初めて遊ぶようになり‥f:id:menma5lr:20170618160204j:image何もかもが初めてで新鮮味とやり込みどころとキャラのかわいさかっこよさから今日の今日まで虜にされながらもマイペースに遊んできました。

それでも未だ満足の動きが見当たらず、この先まだ3年は遊べる!と思いながらここの書置きをモチベにDOAシリーズが末長く盛り上がるよう 祈るように‥日々楽しんでます。

 

が、本心は5LRを永遠と遊んでたいわけでもなく‥f:id:menma5lr:20170618160639j:image明日にでも次シリーズが発表される事を常々期待しております(笑)

 

こんなに人気のあるマリーローズが 5LRで止まるはずがない!ですよねf:id:menma5lr:20170618155057j:imagef:id:menma5lr:20170618160826j:image


そんな感じで 序章‥?としてここを節目に また書き足らないことを今年後半、ダラダラと書き置きしときます。

最速レバー回復と最速ホールド

どうも特殊よろけにならない大体の技が レバー回復でクリティカルを最小まで回復できた時の数値 と 最速で上中ホールドを出した時のホールド硬化差 がほぼ同じくらいの数値になるよう調整されてる模様 今の今まで全く知らずに遊んでました‥

その計算式‥?らしいもの
最速ホールドの硬化差=41-くらった技の後硬化

 

具体的にマリーローズの技で

計算式に当てはまる技通常例
カウンター6P レバー回復Cr〜22 最速上中ホールド 41-後硬化18=23
カウンター6PP レバー回復Cr〜25 最速上中ホールド 41-後硬化16=25

 

最速上中ホールドで有利が増加される技一例
カウンター1P レバー回復Cr〜4 最速上中ホールド 41-後硬化28=13
カウンター2P レバー回復Cr〜1 最速上中ホールド 41-後硬化20=21

特殊よろけありで有利増加
6K レバー回復Cr〜9 最速ホールド硬化差24

8P レバー回復Cr〜5 最速ホールド硬化差23

 

最速上中ホールドで有利を減少されてしまう技一例
カウンター背向けP+K レバー回復不可の崩れダウン 最速上中ホールド 41-後硬化31=10

他 各種崩れダウンになる技
カウンター66P 41-後硬化27=14
カウンター66K 41-後硬化23=18

 

仕込み最速ホールドとして最適のタイミングで出せた時の理想の数値なので、実戦では安定せずその数値は不安定。遅らせホールドはそのホールド硬化差+遅らせ分のフレームになるので、それを踏まえた遅らせ継続・ホールド継続も有効など

 

マリーローズCr微有利(Cr〜10-9)

攻め手が単調になりがちで相手を崩す手段に少し乏しさを感じるマリーローズ。多少のリスクを背負ってもストライクゾーンを広げていくような相手の意識を散らす工夫 バリエーション

 

マリーローズでCr微有利の状況を作れる技
フラワーホイール中Pカウンター Cr16-9

6KもしくはPP6Kヒット Cr15-9

背向け4Kヒット Cr15-9
背向けP+KがNHかしゃがみヒット Cr17-9
背向け2Kヒット Cr17-10

背向けP+K以外はそれぞれ特殊よろけに。仕込みホールドを無効にしたり最速で出せなくしたり


Cr微有利後の選択肢
66P‥暴れに崩れ T投げ確のみ
66K‥暴れとしゃかみに崩れ 6F投げ確
K+H‥暴れと回復SSに崩れ 7F投げ確
214P‥G-11なので基本投げキャラ以外に使用
どれも最速回復からの発生10F割り込み(K+Hは発生11F)には弱い

そこで裏の選択肢
OH‥上中暴れにハイカン投げ 投げとしゃがみに弱い
64P‥ヒットすれば尻もち 7F投げ確
1PPorP+K‥暴れにCr、NHでもGでも-4 ※Cr9では最速回復からの発生9F割り込みにはカウンターが取れず

レバー回復しないなら6PやPP継続可能

崩れダウン中の相手のホールドに対しては、ノーリスクでハイカン投げを入れ込める為、継続を取られにくいボーナス

 

受け側はホールド以外の防御行動をする為に微回復が必要になり、挑発コマンドの兼ね合いもあってレバー回復からのボタンSSが困難。レバーを入れたままボタン回復P+K+H連打での回復SSやレバーSSを選択するにしても‥全体として微妙。結果 直択に付き合うことになるなど

 

水着イルメリアマリーちゃん かわ‥セクシィ!

ガストコラボでイルメリア?の水着を着たマリーローズ だそうです んーかわ‥あれセクシィ!!?

f:id:menma5lr:20170614075344j:image

 

 んーセクシィ

f:id:menma5lr:20170614075436j:imagef:id:menma5lr:20170614075448j:imagef:id:menma5lr:20170614075739j:imagef:id:menma5lr:20170614075552j:image

 

セクシィ!セクシィ!

f:id:menma5lr:20170614080000j:image

f:id:menma5lr:20170614080041j:imagef:id:menma5lr:20170614080100j:image

 

エレナ様の真似‥?

f:id:menma5lr:20170614080204j:image

何かを見つけたマリーちゃん

f:id:menma5lr:20170614080248j:imagef:id:menma5lr:20170614080252j:imagef:id:menma5lr:20170614080309j:imagef:id:menma5lr:20170614080314j:image

 f:id:menma5lr:20170614080354j:image

 

えい!

f:id:menma5lr:20170614080554j:imagef:id:menma5lr:20170614080558j:image

f:id:menma5lr:20170614081212j:image

 

イルメリアマリーローズでした

f:id:menma5lr:20170614081007j:image

f:id:menma5lr:20170614081044j:image

 

タタグルグル!タタグルグルタラルグル!

2連携技(タタ)を出して、カウンターされると同時に半回転2回分の回復量(グルグル)を確保する仕込みレバー回復練習中

 

3PK仕込みレバー回復

3P>派生K後に即Hを押したまま632147632147で414屈伸までやれるとベスト

 

練習方法
トレモでマリーローズ2P>6P(cr〜22)もしくは2P>KK(cr〜15)と記憶再生

カウンターされる連携技を出しレバー回復の練習

タタグルグル!3PKH632147632147
タタグルグル!4PKH632147632147


マリーローズKKなど2連携目で尻もちよろけになる技には、状況を見て尻もちならレバー回転数を増やす。打撃誤爆しない程度にボタン回復も少し足したい(タラルグル)

タタグルグル タラルグル!6PPH632147632147 Hは押したままKPずらし押し+632147632147

 

こちらの出す技と相手の出す技とのタイミング次第で回復量がMAXにまでなりにくいことがよく分かる。ボタン回復は保険程度に‥要練習;

攻め側目線としてはそれくらい難度が高い防御方法と割り切って図太く継続ルートを通していくのも良策

他、レバー回復後直ぐにP系の技を出そうとすると7Pバク転や214Pに化けるので 414屈伸やワンテンポ置いてから行動する工夫が必要など

 

タタタ!タタタ! タンタ!タンタ!

仕込みホールドといっても簡単に出るものではないので練習してます。バーチャファイターで避け抜けキャンセルを一生懸命練習した日々を思い出し‥

 

というのもマリーローズは6P止めから中Pホールドを仕込もうとすると コマンド上派生ロンドが出てしまうので そこを一工夫

 

6P H 4H (タ タ タ) ←このタイミングが基準

 

6Pの硬化は短いので上手くやらないとホールドが漏れてしまう、しかし漏れないように手早く押し込むと今度はタイミング的にカウンターを食らった時にいいタイミングで仕込み中Pホールドが出てくれない要練習;

 

ホールド仕込みホールドや単発仕込みホールドはタンタ

7H 6H (タ ン タ)

4K 4H (タ ン タ)

 

2連携技や仕込みEXホールドなど応用タタタ

6P P 7H (タ タ タ)

7H 6 4H (タ タ タ)

 

 

他バリエーション一例 テンポよく!

タタタ!(3PK7H)

タタタ!(4PK6H)

タンタ!(3K+H7H)

タンタ!(1H4H)

ンタタタ!(46H64H)

タンタ!(T7H)

タンタ!(3P7H)

 

 

攻め側は仕込みホールドを成功させないようアッパーよろけや特殊よろけ技 連続ヒット技を使ってホールドタイミングをずらす事も良策。タンタでテンポを取りにくい時は、操作は忙しくなるものの3P H 7Hとしてタタタでテンポを覚える など

 

困ったら肘!(不利時の最速肘暴れ差し込み)

相手側有利時に遅らせ打撃やフレーム差以上の技を気楽に振らせない為の重要な選択肢【最速中段打撃の肘差し込み】を、マリーローズ対策も少し考えながら具体的なところの書き置きメモ

マリーローズ肘(6P) 発生12F
cr=クリティカル


対マリーローズ 不利-3〜5F

発生10F
P 上 NH・C共にPP派生ガード可(CだとPK連続ヒットCcr4-0)

発生12F
K(K) 上中K ※NH・C共に派生ガード不可(ホールド可)
6P 中P NH-6 派生ガード可 Ccr30-22

発生14F
3P(K) 中P上 NH-4 派生ガード可 Ccr37-27アッパーよろけ
3K 中K ※技後中近距離 NHcr4-0
2P 下 NH0 Ccr4-1中距離
2K 下 NH-4 Ccr18-11尻もちよろけ

発生15F
9K(K) 上中K ※NH・C共に派生ガード不可(ホールド可) Ccr35-25アッパーよろけ
9P 上 NH+1 Ccr33-25

不利-3F ↑(発生15F以下の技に肘が打ち負ける)
厄介なKK(G-9)、9KK(G-7)をSS攻撃・EX上Kホールドや屈伸ガードからの投げ確とメヌエットからの背投げ確などで派生を出しにくくさせたい。
それ以外のフレーム内技はNHしても大きくピンチにはならない。
肘差し込みをカウンターされる6P,3P,9P,9Kはクリティカルが大きく、仕込み最速ホールドで最速レバー回復の数値とほぼ同じくらいにできる。
その際、6PPと3PKに対する上HもしくはKK・9KK・6PK・PKに対する中KHが候補
ただ仕込み最速ホールドは2Pで誘われると逆に不利が大きくなるので素直にレバー回復も重要


発生16F
6P+K 上 ※派生ロンドメヌエット
4P(K) 中P中K
4K 中K
8K 中K
66T OH投げ

不利-4F ↑(発生16F以下の技に肘が打ち負ける)
8K(G-13)でカウンター直浮かせされてしまいノーマルヒットでもcr35-25。ここからのSS攻撃の選択肢が強く、相手側もそれを止める為の技を振る必要がある(PKやOHと各投げ フレーム外で8Pや7K、6KなどのSS対応技や遅らせ打撃)SSPだと派生ロンドでも捌かれてしまう。
上・中P・中Kどこからもノーマルヒットからクリティカルを取られてしまうので基本しゃがダ屈伸安定。ただマリー相手に最速で切り返すことも難しく、結果遅らせ打撃に対しての肘差し込みも有効選択肢になる。


発生17F
8P 上 SS対応
7K 上 SS対応
236P 上
6K 中K

不利-5F ↑(発生17F以下の技に肘が打ち負ける)
7Kでカウンター(SSにも対応)直浮かせされてしまいノーマルヒットでもCr39-29。しかし上段(G-13)なので しゃがステ暴れや屈伸ガードから最大背投げ確反出来る。
後はSS対応の8Pと下段派生持ちの6Kで肘差し込みがカウンターされてしまう上にNH・C共にヒットされ状況は同じなので、属性違いのホールドにも対応される。SS攻撃が有効ではなくなってくるフレーム差

 

 

最速肘差し込みを警戒させ、相手側に最速&発生の早い技での反撃を促せば 各EXホールドやロンドメヌエットを活かしやすい状況になりマリーローズらしく戦える…もののSS攻撃・3K+Hを含めてこれらも多用し過ぎると、一点詠みK+Hでまとめてカウンター崩れを狙われるなど